新锦海国际

發展歷程


金発科技は1993年に創設されて以來、従業員一同で一生懸命に戦い、


練磨しながら奮進するような努力を経て設立初期の僅か2萬元の資本金をベースに


年間売上200億元の規模まで成長することができました。

11月22日、広東金発清遠市創新発展協會の會長に當選しました。

11月20日、広東省百強の民営企業ランキングで、金発科技37位で、「広東省百強民営企業」の看板が授與されました。

11月20日、広東省清遠華南新材料産業基地II號が正式に起動し、生産を開始しました。

11月12日、李南京総経理はドイツファレミ地區の最優秀投資家授賞式に出席しました。ドイツフランクフルト市のPeter Feldman市長は自ら「ドイツファレミ地區の最優秀投資家」賞を授與しました。

11月19日、「新時代新テークオフ」:金発科技25周年祝賀パーティーが円満に開催されました。

11月4日、広東省民営企業座談會が広州で開催され、広州市商工會議所の主席、金発科技會長の袁志敏氏が會議に出席し、代表として発言しました。

10月、金発科技科學出版社、オランダElsevier出版社と協力して、初めて創刊された新しい國際的なハイレベルの英語ジャーナル『Adviced Industrial and Engineering Polymerリサーチ』と正式に第1號を発表しました。

10月23日午後、広東金発科技有限公司は陶氏化學、京東と中古を撮影して京東グループ北京本部で戦略合意に調印しました。

10月16日、「中國工商銀行(以下、「工商銀行」という)?民営基幹企業「総対総」提攜協議」の調印式が北京で順調に行われました。調印式では金髪科學技術株式會社と工商銀行は正式に「総対総」提攜協議を締結し、初めて「中國工商銀行本店級協力取引先」の看板を授與されました。

10月15日、袁志敏は第124回中國輸出入商品交易會の宴會に出席しました。

10月15日、袁志敏は広州市商工會議所(総商會)で開かれた第15回4回執行委員會會議に出席し、広州市商工會議所會員が積極的に農村振興に參加する「千企業が千村を支援する」プロジェクト提案書を読み上げた。

10月15日、袁志敏は広州市商工業連合會で行われた「創業初心リレー改革偉業を忘れない」という理想的な信念教育実踐活動と改革開放40周年を祝う交流會に出席し、演説を発表した。

9月20日、広汽研究院は金発科技と共同で設立した「前景性共同創新センター」を発表しました。

9月、金発科技は「大品質新視點」広州市「40年?40品」の盛典イベントで、広州「40年?40品」品質ブランド企業栄譽稱號を獲得しました。

7月20日、2018年中國工程科學技術フォーラムは金発科技で成功的に開催された。

6月29日、広州市は2018年広東省の貧困扶助デー活動を開始し、「羊城慈善行為」を深化させる。金発科技は1000萬元寄付して貧困扶助事業を支持します。

6月25日、袁志敏董事長は水美村黨群サービスセンター落成式に出席しました。

6月26日、広州市工業と情報化委員會主任張暁波一行は金発科技研究指導に臨みました。

6月11日、広東省の省エネルギー宣伝月活動開始式典と緑の包裝體験イベントが金発科技で行われました。

5月24日、金発科技株式會社が設立した広東省の軽量化高分子材料革新センターが設立されました。

5月16日から17日まで金発科技泰科(TE)の世界サプライヤー大會に招待されました。

5月4日、広州市黃埔區、広州開発區の第一回の「黃埔工師」リストが発表されました。弊社の羅忠富同志は「黃埔工士」の栄譽稱號を獲得しました。

4月28日、黃保険博士は「全國メーデー労働賞」を受賞しました。

4月28日、金発科技と寶勝グループは戦略提攜契約を締結しました。

4月10日、「珠海金髪大商サプライチェーン管理有限公司」の名稱は「珠海金発サプライチェーン管理有限公司」に変更されました。

3月5日から3月20日まで、全國人民代表大會代表、金発科技董事長の袁志敏は北京に行って全國両會に參加します。

2月22日、國家発展改革委員會は國家企業技術センター2017-2018年の評価結果を発表しました。金発科技集団は全國1300社余りの企業の中で第8位にランクしています。

1月31日、金発科技の理事長の袁志敏は広東省の第13期の全國人民代表大會の代表に當選しました。

1月31日、金発科技獨立取締役の盧馨が広東省第13回全國人民代表大會代表に選ばれました。

1月30日、「國家新材料産業発展戦略コンサルティング委員會-華南研究院」の授與式が順調に行われました。

1月21日から22日まで、金発科技は2017年度広東省企業文化建設「総合競爭力百強企業」の稱號を獲得しました。


2017年

2月、「中國製造2025」都市試行モデル専門家チームが金発科技を來訪し調査を実施

3月、金発科技が巨化集団と連合実験室を設立するための提攜協議書を締結

4月、四川長虹が金発科技と「価値を創り、未來をウィンウィンする」をテーマとする材料技術交流會を開催

新锦海国际5月、金発科技成都孵化器が定礎

5月、金発科技が2016「FIT粵」科技創造パイニヤ大會で「科技創造パイオニア賞」を受賞

6月、董事長の袁志敏氏が第十五期広州市工商連合會主席に再び當選

新锦海国际8月、中國共産黨広東省委員會常務委員會、統一戦線工作部部長の厳植嬋氏一同が金発科技を來訪し、統一戦線工作について調査を実施

2016

10月、金発科技がアリババ傘下の菜鳥と戦略提攜協議書を締結

8月、金発科技がモデル転換を速め、商業ファクタリング會社の易塑家を設立し、ファクタリング?ファイナンス?ライセンスを取得、金発サプライチェインがより豊富に

新锦海国际7月、金発科技が2016年度の全國変性プラスチック(高分子材料)産業革新発展フォーラムに參加

7月、金発科技が中國石化、東風日産と新版のCPR提攜協議書を締結

7月、Kingfa「金発木」ブランドが確立、中國知名商標で革命的に環境に優しいグリーン材料と評価され、國際環境保護組織の認証を取得

新锦海国际6月、金発科技が中國巨石と「革新で駆動し、戦略的に連盟を」という技術提攜協議書を締結

新锦海国际3月、武漢金発が正式に生産開始へ

新锦海国际3月、アメリカ金発が正式に生産開始へ

1月、金発科技(歐州)有限責任公司がドイツで設立


2015

1月、金発科技が中國初のの國家循環経済標準化試行業者になった

1月、四川金発の新オフィスビルが完成

1月、金発科技が「廃棄電子製品外部ケースプラスチック(HIPS)の無害化回収及び資源利用のための重要技術の開発」というR&Dプロジェクトを完成

新锦海国际2月、アメリカ金発科技有限公司が設立

3月、中國共産黨省委員會常務委員會、青島市委員會書記李群氏、市委員會副書記、市長張新起氏一行が金発科技を來訪し見學?視察

新锦海国际5月、金発科技が中國農業生態環境保護協會農業用地膜汚染防止退治分會副會長組織に推薦されて當選

6月、金発科技が起草を主導した國家基準である『プラスチックアクリロニトリル-ブタジエン-スチレン/ポリメタクリル酸メチル合金』基準(GB/T 31403-2015)が2015年10月1日より実施開始へ

新锦海国际6月、ACSのスポンサーとして金発青年科學家賞を設置

6月、「金発科技TOP計畫」養成訓練班が管理學院にて開班式を開催

6月、金発科技が起草を擔當した『完全生分解農業用地膜』が広東省地方基準の審査を通った

8月、天津金発新材料有限公司が2015年インターネットと工業との融合革新試行企業に選定

新锦海国际9月、広州金発炭素繊維新材料発展有限公司が炭素繊維、プリプレグ材、板材、ハニカムプレート製品をもって第21回中國國際複合材料工業技術展覧會に出展

新锦海国际10月、金発科技が広州市の「法令を順守し、誠実で信用を守る」教育実踐活動でモデル企業トップ100に入選

10月、金発科技が274位で「2015中國民営企業トップ500」にランクイン、167位で「2015中國民営企業製造業トップ500」にランクイン

新锦海国际10月、弊社「廃舊プラスチック資源高効率開発及び高品質利用國家重點実験室」が第三期の企業國家重點実験室に入選

新锦海国际10月、珠海萬通特殊工程プラスチック有限公司が設立

新锦海国际11月、金発科技が香港品質保証局の持続的な発展格付けでAランクを取得

新锦海国际12月、珠海萬通特殊工程プラスチック有限公司が設立式典を盛大に開催

新锦海国际12月、金発科技エコ高分子新材料産業パークコア區一期生産開始式が広東金発にて盛大に開催


2014

新锦海国际3月、『Good Morning!金発』ラジオが放送開始へ

新锦海国际5月、広東金発科技有限公司作業場が生産開始へ

新锦海国际7月、武漢金発科技有限公司が設立

8月、金発科技管理學院が設立

新锦海国际10月、弊社が萊茵TUVとの戦略提攜協議書締結式を開催

10月、弊社が延鋒自動車裝飾品有限公司と合同開発協議書の提攜式を延鋒本部で開催

11月、金発科技-PATAC技術交流會が上海PATACにて開催

新锦海国际12月、珠海金発大商サプライチェーン管理有限公司が設立

12月、金発科技が「2014第11期広東上場會社トップ10、広東不動産トップ10」にランクイン

新锦海国际12月31日、金発大商が設立


2013

1月、金発科技董事長の袁志敏氏が第12期全國人民代表大會代表に當選

3月、金発科技が開催を引き受けた「プラスチック多機能化科技革新及び発展フォーラム兼2013年多機能母材専門委員會年會」が麗江にて開催

新锦海国际5月、金発科技が順調に「樹脂コンパウンドおよび加工國家工程実験室」建設プロジェクトの検収に合格

新锦海国际7月、金発科技がインドのHYDRO社を越境買収へ

7月、金発科技が市級治安保衛重點組織に選定

新锦海国际8月、金発科技が難燃性材料産業技術革新戦略連盟成立大會に出席

9月、広東金発が設立

新锦海国际10月、金発科技が273位で2013年中國民営企業トップ500にランクイン、171位で中國民営企業製造業トップ500にランクイン

新锦海国际11月、広東清遠循環経済産業パーク建設プロジェクトが定礎

新锦海国际12月、金発科技と兵団農業技術普及本部と『兵団農業技術普及本部と金発科技股份有限公司との提攜協議書』を締結

12月、弊社が成都で開催された全國プラスチック標準化技術委員會変性プラスチック分會(以下、変性プラスチック年會という)の2013年度年會に參加


2012

新锦海国际2月、金発科技が2.5億株の新株を発行して30億元の資金を募集

新锦海国际4月、弊社が初回認定の本部企業の栄譽を取得

新锦海国际4月、弊社は年度傑出従業員及び家族を対象に初の海外旅行を実施、旅行先はタイ

5月、科學城基地生活區一期工事完了、A、B、Eの3つの寮ビルを含む

新锦海国际6月、天津金発一期竣工生産開始式を盛大に開催

新锦海国际7月、金発科技が共産黨委員會広東省の先進な黨組織になる活動の中で「南粵パイニヤ」先進基礎黨組織という栄譽稱號を取得

7月、金発科技が新學城オフィスビルに移転

新锦海国际8月、金発科技が『「第11次五ヵ年」軽工業科技革新先進組織賞』栄譽稱號を獲得

新锦海国际8月、金発科技の新しいビジョンを「業界に推薦され、グローバルに最も優秀な新材料企業」に決めた

8月、會社の新しい使命を「パートナーと共に成長し、成果を共有し、社會に対し質の優れた新材料製品を提供し、魅力ある生活を創りだす」に決めた

新锦海国际8月、金発科技報創刊100期

12月、炭素繊維會社が設立


2011

新锦海国际2月、董事長の袁志敏氏が「第11次五ヵ年」國家科技計畫執行突出貢獻賞を受賞

3月、金発科技策定の『ブローフィルム用改質ポリエステル類バイオ分解プラスチック』及び『プラスチックポリエチレン再生改質専門材料』という2項目が國家基準に取り入れられた

6月、江蘇金発科技新材料有限公司一期建設プロジェクト定礎式が盛大に開催

6月、董事長の袁志敏が「紅綿カップ」ゴールドカップ賞を受賞

8月、金発科技技術総経理の蔡彤旻が國務院の承認を得て政府特殊手當を受け取りへ

新锦海国际8月、金発科技股份有限公司によるA株の新株発行が承認された

8月、珠海萬通の完全にバイオ分解するプラスチックポリエステル(PBSA)産業化合成裝置は材料投入テストに成功

8月、金発科技の陳大華、姜蘇俊氏が中國プラスチック協會専門委員會に入選

9月、技術総経理の蔡彤旻が第14期中國科學協會から真実を求める傑出青年成果転化賞を受賞

9月、董事長の袁志敏が第14期広州市工商連合會主席、広州市総商會に當選

新锦海国际11月、中國石油化學連合會が董事長の袁志敏に「第11次五ヵ年」中國石油化學優秀民営企業家傑出貢獻賞を授與

新锦海国际11月、金発科技天津基地一期工事が竣工し、生産開始へ


2010

新锦海国际5月、全國プラスチック標準化技術委員會改質プラスチック分技術委員會が設立、弊社は同分會幹事會社に

5月、中國石油天然ガス集団青海油田公司一行が弊社を考察

新锦海国际6月、広州蘿崗金発小額貸付會社が開業

7月、綿陽市委員會書記呉靖平一行10人余りが弊社を來訪

9月、弊社が2010年上海商用飛行機複合材料応用國際フォーラムに參加

9月、弊社が2010年上海自動車プラスチック?インテーク?マニホールド技術検討會に參加

9月、弊社が開催を引き受けた「グリーンプラスチック母材先行」シニア検討會兼多機能母材専門委員會年會が広州にて順調に開催

9月、上海金発がポストドクター科學研究ワーキンググループを設置

11月、董事長の袁志敏が第16回アジアスポーツ大會開幕前日の聖火リレーに參加

新锦海国际11月、江蘇金発科技新材料有限公司が設立

12月、全額出資で子會社の広州金発緑可木塑科技有限公司を設立

11月、江蘇金発科技新材料有限公司が設立

新锦海国际売上高が100億人民元を突破


2009

新锦海国际1月、袁志敏が會社第3期董事會の董事長に、夏世勇氏を會社総経理に採用

新锦海国际2月、弊社が北京化工大學と技術提攜協議書を締結

6月、弊社がシカゴNPE2009プラスチック展示會に出展

新锦海国际6月、上海市政府副秘書長の肖貴玉、市経済情報化委員會副主任の尚玉英、市科學委員會副総エンジニアの陳東及び関係処室のリーダー一行が上海金発を視察

新锦海国际7月、香港金発発展有限公司が香港にて登録完了

新锦海国际8月、中國石油化工研究院と弊社が北京にて実験室を共同建設する協議書を締結

8月、弊社技術研究部部長の葉南飚博士が協會會長に就任

新锦海国际11月、天津金発新材料有限公司が設立

12月、完全生分解材料多機能ポリエステル研究開発及び生産基地である珠海萬通化工有限公司が設立


2008

新锦海国际7月、弊社が10億元の社債を発行、會社の資産構造を有効に改善

新锦海国际8月、広東省経済貿易委員會副主任の蔡勇一行が弊社を考察

10月、董事長の袁志敏が招かれて広東省非公有制経済代表者改革開放30周年記念座談會に參加

10月、弊社が順調に「中國RoHs」年度工場監督再検査に合格

10月、弊社が「第1期プラスチック持続可能発展工作委員會會議兼自動車用プラスチック持続可能発展フォーラム」に參加

新锦海国际10月、國家工業情報化部副部長の楊學山一行が弊社を考察

10月、広州市対外経済貿易庁及び対外経済貿易委員會リーダーに導かれて、フフホト市委員會考察団一行40人余が弊社を考察

10月、科學城A2工場生産ラインが正式に生産開始へ

新锦海国际10月、商務部、國家稅務総局、財政局合同調査チーム一行6人が弊社を見學?考察

新锦海国际11月、弊社が綿陽東方特殊工程プラスチック有限公司の持分を全數買収


2007

7月、弊社が「広州市金発科學創新研究院」を設立

8月、弊社が長沙高鑫75%の持分を買収

9月、中國共産黨四川省委員會書記、省人民代表大會常務委員會主任などリーダーより組成された経済提攜代表団が弊社を考察

11月、李建軍を會社の総経理として採用

11月、弊社が綿陽長鑫新材料発展有限公司35%の持分を譲り受けた

11月、金発科技企業研究院が設立

12月、商務部副部長の魏建國が弊社を來訪し、加工貿易業務を指導


2006

1月、弊社自主革新プロジェクトである「新型難燃性熱塑性樹脂系列製品の開発及び産業化」が國家科技進歩二等賞を受賞

2月、弊社が中國工程プラスチック工業協會理事メンバーに

3月、2005年度中國改質プラスチック製造業界売上高No.1に

5月、総経理の李建軍が「広州市労働模範」の栄譽稱號を取得

5月、全國政治協商委員會の「出稼ぎ者合法権益保護」調査チームが弊社にて調査を実施

新锦海国际5月、金発科技が「広東省民営企業トップ100」及び「広東省優秀民営企業」として表彰を受けた

6月、中國広州金発科技股份有限公司委員會が設立

7月、金発科技OAプロジェクト起動

7月、弊社が「革新型試行企業」名簿に掲載

8月、金発科技が初めてフォーブスランキング第89位にランクイン

8月、「民営企業自主革新」調査チームは弊社にて調査を実施

9月、四川省副委員會副書記の甘道明氏が四川企業考察団一行40人余りを導いて弊社を見學?考察

10月、金発科技第四期新材料研究開発及び生産基地が科學城にて正式に著工へ

10月、董事長の袁志敏が「広州市優秀民営企業家」稱號を獲得


2005

1月、四川省綿陽市市委員會常務委員、市ハイテク開発區委員會書記の林新が資本誘致メンバーを導いて弊社を見學?考察

新锦海国际6月、四川省副省長楊志文、綿陽市副市長楊文杰一行弊社を見學?考察

新锦海国际6月、中國プラスチック加工工業協會副秘書長の周延齢が弊社を見學

6月、弊社の引き受けた中國プラスチック加工工業協會多機能母材専門委員會が設立

新锦海国际6月、広州市経済貿易委員會のリーダーが弊社を見學?視察

7月、革新力座談會において張徳江が弊社総経理の李建軍を含む12名の企業家及び専門家の意見を聞き取った

7月、元全國人民代表大會副委員長、中科院院長、現中國科學技術協會主席の周光召アカデミー會員が広東省人民代表大會副主任の王寧生、広州市常務副市長の林元和に伴われて弊社を視察

8月、金発科技持分改革案が最終的に高い票數で採択され、広東省初のG株會社になった

10月、四川省綿陽市市長の唐利民、副市長の劉東などリーダー一行は弊社を見學?考察


2004

新锦海国际4月、弊社が2004年度初回自動車材料業務會議を開催

新锦海国际5月、會社一體化システム管理委員會が設立

新锦海国际5月、世界銀行米國執行役員の李光耀氏、國際金融會社リージョンマネージャーのMr.Azmzt.Tanfipue氏及び政府要員が弊社を來訪

5月、広州市常務副市長の林元和が市科技局、天河區、天河ソフトウェアパーク管理委員會などリーダーに伴われて弊社を視察

新锦海国际6月、金発科技A株(コード600143)が上海にて上場へ

新锦海国际10月、西部生産基地——綿陽長鑫新材料発展有限公司が設立

12月、アカデミー會員ワークステーションが設立


2003

1月、科技部國家科技革新システム研究チームが弊社にて科技革新建設狀況について調査を実施

1月、高光沢、迅速成型タイプの難燃強化ポリブチレンテレフタレート(PBT)プロジェクトが専門家チームによる検収を通った

新锦海国际3月、広州市物価局長の沈志超一行が弊社にて各種費用徴収について調査を実施

4月、広東省副省長の游寧豊氏、広州市委員會常務委員、常務副市長の林元和など一行が弊社を考察

6月、中國石油化學工業計畫院(元化工部計畫院)副院長の白頤一行5人が弊社にて広東省石油化工産業競爭力について立ち入り調査を実施

8月、広州市政治協議委員會の「広州ハイテク企業視察」調査チームが弊社を視察

9月、広東省人民代表大會代表が弊社にて『労働法』、『労働組合法』の執行狀況について視察

10月、中國科學技術協會書記処書記の馮長根が弊社を視察

新锦海国际10月、弊社の「環境にやさしく、長期的に効果ある耐靜電気ハロゲンフリー難燃性ABS樹脂」が技術鑑定を通った

11月、弊社李建軍博士、黃険波博士、蔡彤旻が著作し編集した『難燃性スチレン系プラスチック』は科學出版社にて出版

新锦海国际12月、ポストドクター科學研究ワークステーションの設置が承認された


2002

新锦海国际3月、高唐二期工事、生産規模が70本強の生産ラインに拡大され、國內最大の改質プラスチック生産企業になった

新锦海国际6月、弊社はERPプロジェクトチームを組成し、弊社におけるERPシステムの活用及び普及を擔當

新锦海国际6月、湖南省人民代表大會考察団一行11人が省人民代表大會及び市科技局の関係リーダーに伴われて弊社を考察

6月、副総経理の吉継亮、技術部の寧凱軍博士が弊社を代表して上海にて開催される第二回中米材料環境腐食及び老朽化試験學術検討會に參加

新锦海国际7月、國連世界知的財産権組織副総幹事のRita.DHAYES女史が省科技庁及び市科技局関係リーダーに伴われて弊社を來訪、金発に引き続き知的財産保護に力を入れ、會社の持続的な発展を促進するよう期待してくださった

8月、広州市常務副市長の沈柏年一行30人余りが弊社にて私営企業発展狀況スペシャル調査を実施

8月、弊社が1回目のサプライヤー大會を開催

新锦海国际10月、「高光沢、高強度、低エネルギー表面難燃性強化ナイロン66”及び環境にやさしい耐反り返り良外観高耐燃焼性ポリカーボネート樹脂(PC)」が鑑定を通った

10月、弊社が2002年の初回臨時株主総會を開催、會議では會社定款、社外董事の招聘など11つの議案が採択された

新锦海国际11日、董事長の袁志敏が招かれて広州市化工業界協會と州市化學工學會とが共同主催した「化工フォーラム」に參加、フォーラムで『高い技術、高度成長、高いパフォーマンス』をテーマとしたスピーチを発表

新锦海国际11月、上海市政治協議委員會科教文衛體委員會副主任の孫松鶴がチーム長を務める上海市政治協議委員會「科技革新」調査チーム一行4人が市科技局リーダーに伴われて弊社を見學?考察

11月、広州市政治協議委員會「民営中小企業の発展を速める」をテーマとしたスペシャル調査チームが弊社を視察、調査を実施


2001

新锦海国际10月、子會社の上海金発科技発展有限公司が設立

9月、弊社「耐候性耐燃焼性ポリプロピレン」が科學技術部トーチハイテク産業開発センターに國家級トーチ計畫プロジェクトとして認定された

8月、社名を金発科技股份有限公司に変更

7月、弊社はドイツのテュフ?ラインランド社のTuV ISO9001:2000版のバージョン変更認証に合格

5月3日、持分改革を終え、広州金発科技股份有限公司に社名変更


1993~2000

2000年7月、広東省金発科技重點工程技術研究センターを設立

1999年3月、國家ハイテク企業に認定された

1999年8月、金発科技が5回目の引越しを実施、高唐工業パークに移転

1998年春節、株主拡大會議を開催、外國會社による6,000萬米?の買収を斷り、「世界ブランドを創出し、百年金発を目指す」ビジョンを立上げ、ISO9001品質マネジメントシステム認証を通った

新锦海国际1997年、會社3回目の引越しを実施し、黃村工業パークに移転

1996年末、4回目の引越しを実施し、黃村工業パークに移転、生産場所の面積が5,000平方?まで拡大

新锦海国际1996年初、會社の持分構造を決め、初回目の持分配分を実施

新锦海国际1996年1月、金発科技発展有限公司に社名変更

新锦海国际1995年10月、3回目の引越しを実施、黃洲工業パークに移転、生産場所の面積が1,500平方?まで拡大、「金発人」自身の1臺目の生産設備を買い足した

新锦海国际1994年5月、黃埔區南崗鎮立德粉工場から工場棟を2つ、押し出し機を2臺借りて、規模化した生産を開始し、自社最初の安定的な顧客群ができた

1993年11月19日、袁志敏、宋子明、李南京を初めとした數人が天河科技東街の20平米余りの素樸な部屋で広州天河ハイテク開発區金発科技発展有限公司が設立、改質プラスチック製品の生産、研究開発、販売をベースに業務展開へ


1993年に始まった

金発科技股份有限公司

  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2005
  • 2004
  • 2003
  • 2002
  • 2001
  • 1993~2000

マーケッティング領域

ニュース

Copyright ? 2020 金発科技有限公司が全ての版権を保留します

澳门百老汇_官网 狗万体育_新锦海国际 亚洲城88手机版_客户端 疯狂德州_官网 舞龙奖池版_新锦海国际 菠菜网_网址大全